スキルを活かすクラウドソーシング|UPSC

本業以外の時間に自分のプロジェクトを持ち、やりたいことに挑戦するパラレルキャリアな人達にとって自分の苦手な分野を代わりにこなしてくれる人脈は重要な要素となります。

従来、アウトソーシングという形で企業などが、外部に専門性の高い業務を外注するというトレンドがありました。しかし、今では、インターネットの普及により社外の「不特定多数」の人にそのような業務を外注するというケースが増えています。
これらはクラウドソーシングと呼ばれ知的生産力やコンテンツなどを、多数の人々から調達・集約し、事業成果を得ることを目的にして行われています。

クラウドソーシング

クラウドソーシング英語: en:crowdsourcing)は、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。
このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。
クラウドソーシングは群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。
クラウドソーシングは狭義では不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。
広義では、必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人間により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もあり、その場合オープンストリートマップ(OSM)やreCAPTCHAなどが代表例として挙げられる。

Wikipedia引用

インターネットを介して、WEB上(クラウド)で仕事を受けたり投げたりするクラウドソーシング

国内大手だと、クラウドワークスやランサーズといった大手起業から、裁縫職人専門へ依頼ができる、裁縫職人専門のクラウドソーシングnutteといったような一つの分野に特化したクラウドソーシングサイトも増えてきています。

クラウドソーシングの特徴としては、

インターネットという無限に人と繋がれる場所で、自分のやってほしいことを依頼できること。

依頼者は、一人の案だけでなく、様々な人から意見をもらい、自分の要望に一番合ったものを受注すできること。

仕事を受ける人も専門の知識やスキルを持っていれば、それを活用できる場所として利用することで、本業以外にも収入を得ることが可能となること。

nutteのような、主婦でも活用できるクラウドソーシングなら、家にいることが多い専業主婦でも空いた時間に仕事を受けたり、作業をこなすことが可能となる。

まさに、インターネットを使ったこれからの働き方として、主流となっていくだろう。

一般社団法人UPでも、パラレルキャリアを支援するコンテンツの一つとして、UPSC(ユーピーソーシング)と名付けた独自のクラウドソーシングを運用しています。

UPSCって何?

UPSCのコンセプトは「あ!っと思ったらいつでも依頼」

引越し、子守り、家事代行、HP作成、チラシ作成etc…日常生活で出会う、様々な場面にある、「あ!」という瞬間。

「あ!ちょっとこんなこと思いついたから手伝って欲しいな。」

「あ!引越しに人手が足りない。」

そのような場面と出会った時に、いつでも依頼ができるのがUPSCです。

一言で言うと、便利屋さん。「雇用は生みたくないけど、人手が足りない」というお悩みをお持ちの企業様からの依頼や、ちょっとしたお困りごとまで幅広く解決しています。

UPSCの2つの強み

強みその1:顔の知った人に依頼できるからコミュニケーションが取りやすい

UPSCの強みは、ワーカー(仕事をする人)がUPメンバーであるということです。

つまり、普段一緒に活動したり、コミュニケーションを取り合っている人であったり、自分の想いや活動を応援してくれている人に仕事を任せられるということが強みです。

クラウドソーシングへ仕事を発注すると、相手がどのような人かわからない顔の見えない人と仕事をすることになります。

その煩わしさがなく、仕事のやりとりができるのは、幅広い職業の人が集まるUPならではです。

また、仕事を受ける人もUPメンバーからの依頼とわかっているためコミュニケーションが取りやすく、仕事の進め方についても相談することができます。

インターネットを使った仕事のみでなく、引越しやDIYのお手伝いなど誰でも取り込める仕事もありますので、様々な人と交流を生むチャンスであり人脈を広げるために活用されている方も多いです。

強みその2: 企業からの仕事も受注できる

UPSCは、企業とメンバーを繋ぐ役割も担っています。

パレラルキャリアで活動する場所を求めている人と、人材に困っている企業。

労働ではなく、新しい企業と個人の繋がりを生み出す場として、UPSCが活用されています。

仕事の依頼も多岐に渡り、UNEPという国連機関からの仕事や地域おこしのお手伝いなど、パラレルキャリアなUPメンバーが様々なことにチャレンジしています。

そこで出来た繋がりから、自分の活動に結びつけている人もいますし、UPSCがきっかけでその企業に就職、転職などされたメンバーもいます。

普段は出会わない様々な人に出会えるのもUPSCの強みの一つです。

集合

DSC_3016

DSC_2689

UPSCのビジネスモデル

モデルはクラウドソーシング。ただし報酬はお金だけに限らない。

UPSCのモデルは、クラウドソージングです。

専用のホームページへアクセスし、ワーカー登録することで仕事を受けたり、依頼することができます。

仕事を依頼する場合も、報酬を自由に設定することができることがUPSCの特徴です。

例えば、イベントスタッフとして依頼のあったZENRYOKU50では報酬とし代表者とのランチ会などがあり、考え方や、経験値を学ぶことができました。

 

その他にも企業からの依頼で販促とPRイベントとして、BBQを開催した時の報酬は「おむすび」であったり、物だけでなく、スキルとスキルを交換しあう場合もあります。

「お金」の対価として「仕事」をするだけでなく、「体験」や「経験」を得ることができる場所としてもUPSCは期待されています。

UPSCのこれから

現在UP内での依頼などまだまだ管理できていない部分や、UPメンバーの実績として報告できていない部分の徹底が課題です。

また一度ご依頼いただいた企業様からは定期的に依頼を受けているのですが、さらに多くの企業様に知っていただき利用いただくことで更なるUPSCの発展とUPメンバーの発展に貢献できるよう取り組んでいきたいと思います。

UPの成長とともに、UPSCも発展させていきます。