一般社団法人UPには企業様にUPの活動を協賛という形でご支援をいただいております。

UPでは、協賛頂いている企業様の紹介をインタビュー形式で皆さんにお伝えしていきたいと思います。

第一回目は株式会社ホンモノ様です。

株式会社ホンモノ様は個人事業主、経営者向け経営塾運営をはじめ法人コンサルティングやビジネスタレントプロデュースといった事業を展開をされております。

3ヶ月の経営塾では、 講義やグループコンサルティング、 動画・音声を使ったオンライン学習などのサービスを提供しています。

今回は株式会社ホンモノCEO 山田 研太 様にインタビューをさせていただきました。

株式会社ホンモノと山田CEOの歩み

株式会社ホンモノが立ち上がるまでの経緯をお教えください。

山田CEO:高校一年生の頃から起業はしたいと考えていました。

家庭環境の影響もあってお金持ちになりたいとかはないんですが、お金に困らない職業はなんだろうと常に考えていました。

中学3年生の時に職業の年収ランキングで調べると弁護士が1番高いらしいとわかって単純なので六法全書を買って勉強しはじめたんですけど、司法制度の改革などで弁護士が増えるとなり直感的にこれは難しいと感じました。

何か違うものはないかと探しているとTVでマネーの虎が流行っていた時代で、単純なので経営者ってお金に困らないんだと勝手な印象で企業すると決めました。

もちろん経営者がお金に困ることは後からわかるんですけどね。

 

今の事業モデルはいつ頃から考えられてたんですか?

山田CEO:最初は個人でWEBコンサルからはじめました。

大学時代はもう自分が経営者になるって決めていたし卒業したらすぐに経営しようと決めてたので自分を成長させるためにも経営学部に入って英語ディベートをやったりしていました。

勉強は全然してなかったんですけど最後にマーケティングのゼミに入った時に先生がお堅い人で起業するのはいいけど一回会社という仕組みを知っておいた方がいいという事で一旦就職という形をとることにしました。

そこで、「自分の企業プランを持ちながら色々なリンクする企業があるよ」と紹介されたのがアチーブメントという会社でした。

山田CEO:アチーブメントでは新卒から3年間個人向けの事業部に関わっていました。

営業やフォロー、コンサルティングという形で関わったり200名ほどのセミナーや研修・講座を開催していたり参加者の満足度も高くやりがいのある仕事でした。

そこから少しして体調不良で会社はやめてしまったんですけどいろんな学びがありました。

 

独立して企業されたのはいつですか?

山田CEO:そこから体調不良で家にいる時に片付けをしていて片付けの会社が面白いんじゃないかとか色々考えていました。

でもそんな簡単じゃないので先ず個人事業主という形で友人からWEBマーケティングを学んでコンサルティングで半年間活動しました。

そこから法人化して初めはPPCの広告の運用お仕事であったり行っていたんですけどふと思った時に自分はこの仕事をライスワークでやってる事に気がついて、

なにか世の中を変えるような仕事がしたいと思って健康の事業を立ち上げようと取り組んでみたりもしました。

 

株式会社ホンモノの原型ができたのはいつ頃ですか?

山田CEO:法人経営者に対してWEBコンサルも行ってましたが売り上げをあげるということよりも人の人生に深く関わる仕事がしたいと思って

今までの実績などを全てノウハウ化してセミナーという形で始めたのが今のメインの塾の0期で9名の方に参加いただいたのが初めですかね。

実際みなさん満足いただいてましたし、2割の方が結果も出てたんですが、

もっと効率的な形で誰もが結果を出せる形をと試行錯誤してできたのが今の塾の1期とか2期でそこで8割ぐらいの方が結果がでだして、さらに分析をして重要なポイントがわかり出して強化をして行って塾を広げてきた感じです。

 

今後の展望は?

山田CEO:20代はやりたいことをやるで突き進んできてある程度できて形になってきたのでそれは一旦置いておいて

30代はやりたいかやりたくないかはわからないけどできることを伸ばす10年間にしようと思って組織拡大とか売り上げ伸ばすとか今まで興味がなかったんですけど、できることではあると思うので

年間2〜3本だったセミナーを24本に増やして仕組み化してスタッフも入れて育成して少しづつ進めていければと考えています。

人生は一人一人違うし幸せもそれぞれ違う中でどうやって幸せに生きれるのかってことを探求してきて

人生の中で普遍的なスキルを考えた時に一つは自分がやりたいことを実現する方法、もう一つはお金の価値を見極めて稼ぐという方法これをしっかりと技術体得するってことのサポートがしたいと思っていて

その中で売り上げをコントロールする技術が6ステップ、自身の強みで個別化、この二つの方法論とプライベート、

この三つを自分たちの培ってきた経験と知識で成果の出せる人を10割にまでひきあげたいと思っています。

 

まとめ

「人生」にとてもフォーカスしている株式会社ホンモノ。

山田CEOの考えがしっかりと塾生に方にも浸透しており技術や知識そして経験はもちろんですが、

この環境が成果に繋がるんだと確信しました。

UPに近しい考え方で取材をしていて共感できる部分がとても多かったです。

山田CEO曰く結果が出る人はやはり向上心があり、素直な方とおっしゃっていました。

「先ずは踏み出すこと、そしてやるからにはとことんやること、そして素直であること

これだけで人生幸せになれると僕は思います。」

今後、共産という形で株式会社ホンモノ様にはreerや各イベントで会場を貸していただいたり色々と協力してくださると心強いお言葉をいただきました。

一人一人ぼ人生と向き合いサポートして行くUPも環境という同じ面でしっかり学ばせていただき活かしていきたいと感じました。

この記事をシェアする