やりたいことを見つけ、”美容”という軸を持ち、経験したことを軸に結びつける。

専門分野以外のことを経験するからこそ、色々な気づきや学びがあると話されるのは、中島加奈さん(25歳)です。

現在はエステサロンに勤め、体質改善についての指導やマッサージを行いながら、休みの日にお寺で行うヨガイベントのお手伝いをしたり、お寺の一室を借りてご自身で施術を行なわれています。

パラレルキャリアで生きる彼女は「自然体でそのままの自分のことを愛せる人が増えてほしい」と彼女は語ります。

コンプレックスのかたまりだった学生時代

中島加奈です。整骨院でエステティシャンとして働きながら、個人のサロンをお借りして自分のお客様へ施術を行っています。

この業界に興味を持ったのは、エステティシャンだった祖母の影響でした。

昔の自分はコンプレックスのかたまりでした。

中学生になった頃から顔全体にニキビが出来始め、正常な肌が見えないくらいに真っ赤になった事もありました。ニキビが出来るだけで、人の前に立つのも、好きな人と話すのも、何をしていても自分の顔が気になり、自信が持てなくなっていました。

が私の顔を見て「痛くない?大丈夫?」と心配して来るのも、どう見られているのか?気持ち悪いと思われてないか?と考えてしまい、毎日とても苦痛で、自分の事を全然好きになれませんでした。

皮膚科に行っても抗生物質の薬を渡されるだけで、全く良くならず、悔しくて泣いた事もありました。

そんな状況を「どうにかしたい」と思い、エステティシャンの祖母に相談した時に「誰かに治してもらおうと思っているから治らないの。自分で治そうと思いなさい。」と言われました。

その言葉が何故か凄く悔しくて、そこから美容についての勉強を始めるようになりました。

自分の肌を自分で治したい!と思って勉強すると、知識が増えていき少しずつ実践しているうちに、症状が良くなっていきました。

その時に「自分のようにコンプレックスを抱えて自信を持てずにいる女の子の味方になりたい」と思うようになり、エステティシャンになる!と決めました。

S__4071542
中島さん(当時20歳)と祖母。バラ園で撮影した写真

今思えば祖母から頂いた言葉は、凄く深い意味があったと思っています。

「これを塗っているから大丈夫」

「~をしているから大丈夫」

そんなものはありません。本当の原因はなかなか自分で治す事の出来ない生活習慣にあったり、間違ったケアの仕方だったりします。

でもそれって私がそうだったように、実は本人も気付いているのに、見て見ぬ振りをしているだけではないでしょうか。

自分を綺麗に出来るのは、自分しかいません。

これは、私がずっと思っている美容への考え方です。

エステサロンへ就職。世間を知ることが自分を知ることに繋がった。

専門学校を卒業して、エステサロンで働くようになりました。

働いて2年経った時にUPと出会いました。

個人でエステサロンを開業したいとずっと考えていたので「自分のサロンをするための手段を見つけた!」と思い活動に参加していました。

活動していると、初対面の人に自分の考えや将来やりたいことを話したり、グアムへ研修旅行に行ったり、会議のために東京へ行ったり、イベントのお手伝いをしたり、国連機関の会議で運営スタッフをしたり。。。挙げだしたらきりがありませんが、本当に様々な経験を積むことが出来ました。

S__19390658
国連機関「UNEP」の設立フォーラムにスタッフとして参加。(右:中島さん)

それまでの私は「エステがしたい!」と思って仕事を選んで、勉強する内容も美容に関係することばかりで、興味のあること、好きなことしかしていませんでした。しかし、UPの活動を通じて様々な経験をしたことで、美容の世界ばかり勉強していた自分が、いかに世間の事を知らないか身をもって知ることが出来ました。

そのおかげで美容の勉強していた頃よりも広い視野で物事を考えられるようになったと思います。

色々な目線で客観的に見ることで、「自分のやりたいことは何なのか?」「強みは何なのか?」知ることが出来ました。

パラレルキャリアとしての活動

今は、エステサロンで勤めながら休みの日には、お寺の一室をお借りして体質改善のためマッサージを行ったり、そのお寺のヨガイベントのお手伝いをしています。

お寺とのご縁の始まりは「寺ヨガ」に参加したことでした。

お寺の神秘的な雰囲気の中で、自分の心身と向き合い、そして浄化されるような空間が気に入って、そこから月に4回開催されているヨガイベントのお手伝いをするようになりました。

4479389977426.LINE
心光寺というお寺の本堂で行っている「寺ヨガ」

そして、ご縁があってお寺でのサロン運営をさせて頂けるチャンスを頂きました。

このようなたくさんのご縁ももともとはUPで活動していたから、たくさんの経験を積ませて頂いたからこそだと今つくづく感じています。

自分の周りでたくさんの人がパラレルキャリアを意識して活動しているからこそ、人とのご縁はどんどん増えていきますし、自分の活動の幅も広がります。そして、行動すれば必ず何か得る物があります。

私は一年前、お寺でエステが出来るなんて想像もしていませんでした。

でも、自分の中で想像もできないような自分になりたいとも思い活動していました。

自分で設定する目標やしたいことなどももちろん大切だと思いますが、毎日を真剣に生きていて目の前の事に取り組んでいくと、想いもよらなかったご縁やステージが待っている事を知りました。

そうなる為には、行動しかないと思います。

何が起こるか分からないから毎日行動しアンテナを張っていることで、その瞬間瞬間が次の自分のステージへとステップアップしていけるんだと思います。

4464839286132.LINE
寺の中庭が見える和室で行うエステ

どんな服を着ても、どんな化粧をしても自分の”心”には嘘をつけない。

綺麗になるといっても化粧品を使う、洋服で着飾る、ヘアスタイルを変えてみる。。。などなど方法は山ほどあります。

私が考える美容とは、その人が満足して、自信を持って毎日を過ごしていけることです。

「あの時、ちゃんとケアしておけばよかった」と思うよりも「今の自分をどう変えていくか」が大事です。過去よりも未来よりも”今”の自分が幸せになることが一番大事なんです。

服を脱いだ時や、お化粧を落とした時の自分はあまり好きじゃない。

こんな人は多いのではないでしょうか?

どんな服を着ても、どんなお化粧を塗り重ねても、自分の心に嘘をつくことは出来ません。

身体と心は繋がっているからこそ、身体を整えると心も整うし、心を整えると身体は整ってきます。

着飾らない素っ裸の自分、そのままの自分を好きになる。

そうすると、どんどん自信が沸いてきて、活気に溢れた幸せで楽しい毎日にしていけると私は考えています。

自分が幸せだと周りの人も自然と幸せになってくれる。だから、まずは自分自信を好きになる人を増やし、”幸せ”だと感じる人でいっぱいにしたい。そして、今より自然体な自分でいれるきっかけを、美容という方法で周りの人に伝えていきたい。そう思っています。

私はエステを通じて、今の自分と向き合い、自然体な自分を愛する人が増えてほしいという思いで活動しています。

普段生活をしていたら、会社の事、家族の事、周りの環境の事など自分の事をしっかりと見つめる時間は限られます。

だからこそ今の自分の時間を大切にして欲しいです。

私がお寺でエステをさせて頂く事により、もっとたくさんの人にお寺に来て、私がお寺から受けた影響をたくさんの人に感じてほしいと思っています。

これからも美容の仕事をしていきますが、化粧品とか洋服で飾るのではなく、そのままの自分、自然体の自分を好きになれる人を増やしていきたいです。

中島さんのブログはこちらから

この記事をシェアする