私もみんなから元気をもらってます。20代はとにかく頭で考えずになんでもやってみてほしい 関西美活サークル代表:田中美帆

今年1年間UPに関わっていただいた様々な方にお話を聞かせていただくこの企画

第5回目は、関西美活サークル代表の田中美帆さんです。

DSC_5239 (2)

田中さんは、現在関西美活サークルの代表を務められていますが、10代からあらゆる仕事にチャレンジされ、パラレルキャリアを長く実践されている女性です。

現在は、関西美活サークルの代表であり、ママであり、主婦であり、ブロガーでもあり、家族を軸に自分らしいスタイルを築き、働かれています。

田中美帆さんのパーソナル記事

今年は、ワークショップの開催やトークイベントのゲストスピーカー等でUPに関わってくださり、同じパラレルキャリアで生きる私たちの励みとなる存在でした。

そんな田中さんにインタビューをさせていただきました。

トークライブの様子

Q.UPと関わったきっかけはなんですか?

きっかけは、OL時代の後輩の森本ちゃんとの再会です。

お互いコミュニティの運営をしているというところから再会することになりました。

そのときに「UPメンバーに向けたワークショップをしてくれる人を探している。飛び込み営業をしてるけど、なかなか上手くいかない。」という相談を受けて、私の周り、いろんなジャンルの講師いるし、紹介しようか?と提案したのが、UPとの関わりの始まり。

結果、私もワークショップをさせていただく機会をいただいて、関西美活サークルのメンバーも、ワークショップをさせて頂いています。

Q.UPと関わってよかったことを教えてください。

関西美活サークルは30代、40代が多いので、

20代でなにかを頑張っている人たちに出会えるきっかけってこれまであまりなかった。

いろんなコミュニティが存在するけれど、意欲的な20代の若い子たちがここまで集まっているのはそうないよね。

20代で仕事をしながらパラレルキャリアを頑張っているUPの人たちにこうやってメッセージを伝えられる場を頂けて、私たちも勉強になります。

それに私たちもみんなから逆に元気をもらってます。みんな本当に素直で前向きに頑張ってるなと思う。私たちも頑張ろう!って会うたびに思えます。

Q.田中さんも長い間パラレルキャリアですが、パラレルキャリアについてはどうお考えですか?

パラレルキャリアは、みんなしていて、それを意識しているかどうかだけだと思います。気がついてないだけで、考え方次第だなと思う。

私は今までパラレルキャリアを知らなくて、UPを通して初めて知ったんだけど、知ってから考えてみると、今までやってきたことって全部が繋がってる。すべて本業にも活きてるんだよね。

12401975_954758611250669_3886752412757343737_o (1)

今は、家庭を持ちながら、ブログをやって、美活をやって、その他にもいろんな仕事をしてるやってるけど、本当に全てが繋がってて。

例えば、ブログは、ブログ自体ではお金をうむものではないけれど、ブログを書いてるおかげで企業からの依頼が来たり、イベントの時の集客につながってる。

家庭も、私が家庭を持って、ママをさせてもらったからこそ、ママの気持ちが分かったり、ママに関わる企画ができたり、ママさんも美活に入ってきてくれたり。

全てが繋がっていて、全てが循環している。

パラレルキャリアでいろんなことをやるんだけど、すべてひとつに結びついていくんじゃないかな。

私の場合は、日常的に常に、生活している時も全部仕事のマインドに結びついているかも。いいお店があればココでなにか企画したい!と思うし、いつも何かしら面白い事ができなかいかなと思って過ごしてます。

Q.20代の頃はどんな働き方をされていましたか?

とにかくガムシャラ。ずっとまだまだ!だと思っていた。周りにどんなに評価されても納得いかなくて、常に新しいことをやってみて、またやってみて、次ぎに行くっていうやり方。やる前に向いてるかどうかを考えてもわからないからとにかくいろんなことをやっていた。

私の人生は“あの時にやっておいけばよかった”ということは絶対に言いたくなくて。独身のうちは失敗してもなんでもやろうと思っていた。

周りから変わってるって思われても、とにかく“自分の人生を生きよう!”と思っていた。

Q.田中さんは今パラレルキャリアとしてどのように生きられていますか?

私が今やってる仕事は、今までの時代にはなかった働き方。

だから、理解してもらいにくかったり、説明しにくかったりする。でも、自分としては、今の時代にあってるなと思う。

今の時代、どんな大企業でも、つぶれるときはつぶれるし、そこにすがりついて生きるのは私らしくないなと昔から思っていた。それだったらいかに自分のやりたいことでお金を生むかということをいつも考えてました。

美活も最初はビジネスにはなると思ってやってなかったんです。メンバーさんがたくさんいてくれるから、いろんな仕事が来はじめた。

今は2,000人近くのメンバーさんがいます。

でもメンバーを増やすための営業は全然していません。イベントや企画とか小さなことを積み重ねていたら、来てくれたメンバーさんがSNSに書いてくれて、ジワジワ浸透していきました。

メンバーが1,000人を超えた時くらいから、企業からいろいろお仕事の話をいただくようになった。これも私がこれまでお付き合いしてきたところも多くて、過去に違う仕事をしていたときにお世話になった方から、SNSやブログを見て連絡を頂いたのが最初だったな。

これは本当にメンバーさんと、支えてくれたもうひとりの運営メンバーのマネージャーのおかげ。ひとりでは絶対にできなかった。

私が仕事ができない状況の時にも彼女が“美帆ならこうするだろう”と考えて全て回してくれていた。はるちゃんの時も今
回の妊娠でもすごく支えてもらって、頭があがりません笑。

10271418_954758654583998_1814605940618720520_o (1)

Q.今後UPと一緒にやっていきたいことはありますか?

一緒にイベントをやってみたいですね。

2016年に、キッザニアの大人バージョンをやりたいと思っているんだけど、それをUPさんと一緒にやりたいな。

例えば、マッサージとか興味あるけど、学校に行くほどでは・・という人たちが、体験できたり、実際に働いている人の生の声が聞ける。

実際に働いたらどうなの?ということがプロから聞ける場ってそんなにないからね。それを実現したい。

Q.20代の若者へのメッセージをお願いします

もしこの先どう進めばいいか悩んだ時は、とにかく頭で考える前にやってみてほしいな。

私はこれまでそうやってやってきて、これでよかったと本当に思える。

頭で考えて、一歩を踏み出せない人って多い気がするから。

でもね、そんなに大失敗ってしないと思うんだよね、人生の中で。

例え、間違った選択をしたとしても、いくらでも修正はきく。

迷うくらいならなんでもやってみてほしい、特に若いうちは!と思います。