UPは、素晴らしい可能性を秘めている。失敗を恐れずどんどんチャレンジして下さい! 株式会社NFL代表取締社長:川辺友之

今年1年間UPに関わった様々な企業様にUPをレビューして頂くこの企画

第2回目は、株式会社NFPの川辺友之社長にお話を伺いました。

川辺友之

川辺社長とは、日頃からワークショップや勉強会にお声掛けを頂いたり、様々な形で協力して頂いております。

本年のリアルクラウドファンディングでは、スポンサー企業の紹介や集客など、多大なご協力をいただきました。

ご自身も家業のフォーマルスーツの専門店、FAAVO大阪の運営、まちカレッジの運営などパラレルキャリアで活躍されています。

Q UPと出会ったきっかけを教えてください。

昨年ブリーゼブリーゼで開催されたリアルクラウドファンディングでした。

花山さんに招待されて参加させて頂いたのですが、あの会場で、あの規模で、400人近い人数を集客されていたことに衝撃を受けました。

そこから、「何だこの団体は!?」ととても興味を持ち、色々お話を伺ったことを覚えています。

Q UPについてどのような印象をお持ちですか?

凄く不思議な団体です。笑

若くてエネルギーを持った素直な人がなんでそんなに集まっているのか不思議でしょうがないです。笑

不思議なんですけど、そこがまたUPの魅力の一つだと思います。

これだけ、若い人が集まっていれば、何でもできるポテンシャルを秘めていると思っています。

Q UPメンバーについては、どのような印象ですか?

本当、皆さん明るいですよね!

そして、正直だし、素直だし、裏表なく接してくれる。

一緒にイベントなどをしていてとても気持ちいいです。

リアクラ

2014年に開催されたリアルクラウドファンディング

リアクラ

2015年に開催したリアルクラウドファンディングでは、ご挨拶をして頂きました。

Q ご自身もフォーマルスーツの専門店を経営されながら、FAAVO大阪の運営、まちカレッジの運営、勉強会やセミナーなど幅広くパラレルキャリアで活動されていますが、どのようなことがきっかけでしたか?

「何でも1番になりなさい」と母からずっと言われて育ってきました。

勉強もスポーツも両立しなさいと言われて育ってきました。

文武両道というのも、一つのパラレルキャリアなのかもしれませんね。

そんな環境で育ったからか、色々なことを並行してやるのが普通だったので、今も苦になりません。

父が経営者だったので、その姿を見てきたことも影響していると思います。

父もそうだし、僕も、周りの経営者の方もそうなんですが、中小企業の経営者ってとにかく色々なことやらないといけないんですよね。

色々やって、新しいことを勉強していくのは、今も昔も変わりません。

Q 常に新しいものを勉強して、取り入れようとしているように思います。

新しいもの好きですよ。

2007年頃からSNSが出てきて、周りの仲間と勉強会を始めました。

最初はTwitterです。

Twitterを使ってツイ大阪というのを作って色々研究していました。

その次にFacebookが出てきて、ビジネスに活かせないかと研究するようになりました。

そして、次が自分でブログポータルサイト「まちブログ」を作りました。

勉強会を定期的に開催していたのですが、ブログやFacebookなどをどうやったらビジネスに活かせるか教えてほしい!とコンサルの依頼が来るようになりました。

それが自然と自分のキャリアになっていきました。

今は特に新しいものがどんどん出てきます。

常に学ぶ姿勢じゃないと、ついていけないと思っています。

Q 川辺さんの1番やりたいことは、なんですか?

昔からIT関係の仕事がしたくて、1996年には、WEB制作の会社に勤めていました。

そのまま起業したかったんですけど、父と兄に、「会社を手伝え!」と呼び戻されました。

そのまま、今の会社を経営することになりました。最初は今の仕事がやりたかった訳じゃないんです。笑

でも、そのおかげで「天職に出会えた」と今は感謝しています。

実は、今もIT起業家になるという志はもっていて、ブログサイト「まちブログ」では、80社ぐらいの企業が協力してくれています。

いつの間にか夢だったITで起業することが叶っていたんです。

それに気付いたとき、あきらめずにコツコツ続けていてよかったなーと思いました。

あと、これから力を入れていきたいのは、「まちカレッジ」の運営です。

まちカレッジ

Q まちカレッジについて教えてください。

コワーキングスペースをイメージしていただければ良いかと思います。

だけど、ただ作業するだけの場所じゃなくて、交流や勉強、繋がりが自然と生み出せる場所にしたいと思っています。

具体的にどういうことかと言うと、弊社、株式会社NFLコンサルティングと事業提携している様々な企業があります。

FAAVO、CrowdWorks、ふるさとチョイス、GMOメイクショップなどです。

まちカレッジに来て頂いた方は提携企業のサービスが使えるので、その勉強会などを行っていきたいです。

例えば、ふるさとチョイスは、ふるさと納税を行うことができるプラットフォームなのですが、申請の仕方や手続きがわからないという声も多く聞きます。

そこで、ふるさと納税はしたいけど、やり方がわからない人がまちカレッジに来る。

その場でカタログを見て、納税する場所を決めていただければ、その場で申請の処理を行う。

そのような勉強会を定期的に開催していって、人が自然と集まる場所にする。

人が集まれば、様々な企業に協力してもらうことができます。

提携企業も含めてそれらをパッケージ化し、地域の空き家などを活用しながら全国に展開していく。

そうやって、社会人でも自然と集まって、様々なことが勉強できる場所にしたいと思っています。

ゆくゆくは、一つの会社にして、自然と大きくなっていって欲しいと思っています。

Q まちカレッジではどのようなことを目指していますか?

僕は昔から人に何かを教えるのが好きで、教育する側の立場に立ちたいと思っていました。

日本の教育って本当に良くないと思っています。

皆が平均的になるように教育され、悪いところにばかり目がいく。

本当は、その人の持っている強みや良いところを伸ばしていくべきだと思っています。

そして、本当におかしいのは、社会に出ると勉強しなくなることです。

本当は、社会人になってからの方が勉強しないといけないのに、それをしない人が多い。

特に若い人は、勉強したり挑戦しようとしている人が笑われたりする。

本当におかしいと思っています。

まちカレッジは、自然と人が集まって、それぞれが持っている強みを活かして必要な知識やスキルを教えあう。

社会人でも自然と勉強できるような場所になり、社会を変えれるような場所になっていけたらいいなと思っています。

UPの皆さんも一緒に運営していけたら面白いなと思っています。

Q 最後にこの記事を読んで頂いた方へメッセージをお願いします。

若い皆さんはもっと力をもっているはず!

失敗を恐れず、どんどんチャレンジして欲しいです。

行動する人としない人。

勉強する人としない人でどんどん格差が広がっていく時代です。

向上心も行動力もある皆さんは、どんどん学んで成長していって欲しいです!


取材協力企業

川辺友之株式会社NFL代表取締役社長

NPO法人まちイノベーション代表理事

川辺友之様